修理
  • HOME
  • 修理
  • 【修理事例4】異音修理とブーツ交換 ホンダ エリシオン RR3

【修理事例4】異音修理とブーツ交換 ホンダ エリシオン RR3

三重県多気郡明和町で車の修理なら、TSオートサービスへ

ホンダ エリシオン 異音修理とブーツ交換

走行中に「ゴー」という音がするということで入庫していただきました。
現車を確認した際に足回りのゴムブーツに破れがございましたので、こちらもあわせて修理することになりました。


左後ろのハブです

お車をお預かりして試乗してみたところ、後ろのほうより音が発生していました。
そしてリフトアップして、左後ろのハブを回転させてみると
少しですが異音が出ていました。


ハブの分解

分解してみると、音の発生しているベアリングだけを交換することができない構造になっていました。
ハブと呼ばれる部品とベアリング部分が一体構造になっていました。


ハブの交換

このように部品が一体での交換となります。
交換作業はベアリングを交換するより簡単な作業にはなりますが、部品代がベアリング単体よりも非常に高額になってしまうことが難点です。


ハブを交換し修理完了です

ハブを交換し、ブレーキなどを元通りに組み付けます。
交換が終われば最後に試乗して異音が発生していないことを確認して完了です。


アッパーアームのゴムブーツの交換

亀裂が入ってしまっていたアッパーアームのブーツを交換しました。
破れたまま放置すると中のボールジョイントにガタが発生してしまい、そうなってしまうと修理費用が高額になります。


ひび割れています

完全には破れてはいませんので車検には合格してしまいますが、破れる寸前であることが見てわかります。
いずれは交換が必要になる部分ですので早め早めに対処しておくことが大切です。


ロアアームボールジョイントブーツの交換

こちらはロアアームのボールジョイントブーツです。
こちらのブーツは破れてしまっており、中のグリスが流れ出ている状態でした。
このままでは車検にも合格できませんので、交換します。


完全に破れてしまったブーツ

破れたところから中のグリスが流れ出てしまい、気づかずに乗っていると中に水や砂などが入り込みジョイントにダメージを与えてしまいます。
そうなる前に気づくことができてよかったです。


交換後

やはり新しいブーツは綺麗で気持ちいいですね。
普段お客様が見ることのない車体下部ですので、当店では、オイル交換など、見る機会があればいつもチェックしています。


修理の他のページ