画像
【修理事例】ダイハツ タント【L375S】異音修理

  • HOME
  • 修理
  • 【修理事例】ダイハツ タント【L375S】異音修理

title

修理事例:ダイハツ タント【L375S】走行時異音修理

走行時に異音が発生

 走行時に異音が発生

走り出すと「ゴー」という変な音がするということで入庫しました。

早速試乗を行うと、速度が上がれば上がるほど、後ろのほうから「ゴー」という耳障りな音が発生していました。

リアハブベアリングの点検

 リアハブベアリングの点検

お車をリフトアップした状態で、各タイヤを手で回転させてみると、左の後ろのタイヤを回転させたときに変な音が発生していました。
これはタイヤがスムーズに回転するためのベアリングからの異音です。

修理方法は二通り

 修理方法は二通り

本来、悪くなってしまったベアリング部分だけを交換するのが一番なのですが、こちらのタントはホイールを取り付ける、ハブという部品とベアリングが一体構造となっており、ベアリング単体では交換ができないという不親切な構造になっていました。
こうなると修理費用は高額となってしまうのですが、よく壊れる部品なのか、社外品の部品が存在していました。
この場合、純正の新品、こちらの社外品と2パターンから修理方法を選んでいただくことが可能です。
社外品ですと純正品より多少お安くなりますので、今回は社外品を選択していただきました。

部品交換と最終チェック

 部品交換と最終チェック

ハブはボルト4か所で取付されているだけですので交換自体は特に問題はありませんが、裏側にABSのセンサーの配線がいますので、取り外し、取り付けを忘れないように行います。

交換が終われば試乗を行い、「ゴー」という耳障りな音がしなくなったことを確認して修理完了です。
今回の修理費用:21,600円

修理の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!