画像
【修理事例】日産 マーチ【K13】バッテリー交換

  • HOME
  • 修理
  • 【修理事例】日産 マーチ【K13】バッテリー交換

title

修理事例:日産 マーチ【K13】バッテリー交換

点検で入庫

 点検で入庫

点検で入庫したお車です。
日産のマーチで型式はK13で、アイドリングストップ車です。

バッテリーの点検

 バッテリーの点検

バッテリーあがりを未然に防ぐために定期的なバッテリーの点検を行うことをおすすめします。
こちらのお車はアイドリングストップ車ですので、アイドリングストップ車用の専用バッテリーが装着されています。

バッテリーテスターによる点検

 バッテリーテスターによる点検

使用するバッテリーテスターにより測定方法が違うため、一概にこのテスターだけでの良否判定は難しいですが、お車の使用状況、装着されているバッテリーの使用期間などの情報も加味した上で、適切なバッテリー交換時期をご案内させていただきます。
画像に表示されている数字は、簡単に言うとバッテリーの始動性能を数値で表したもので、新品時の基準値からどれくらい性能が低下しているかを測定します。
今回はこの数値が低下気味、アイドリングストップ車ということで交換をおすすめし、交換させていただくことになりました。

参考までに新品のバッテリーはこのくらいです

 参考までに新品のバッテリーはこのくらいです

参考までに新品のバッテリーも同じようにテスターで測定してみると、使用中のバッテリーの2倍くらいの数値が出ています。
同じメーカーの同じバッテリーですので単純に性能が半分になっているというわけではありませんが、性能がだいぶ低くなっていたというのはわかっていただけると思います。

バックアップをとりながら交換

 バックアップをとりながら交換

バッテリー交換時にバックアップ電源をつながずに交換してしまうと、ラジオやカーナビの設定、パワーウィンドウやその他電装品の設定が飛んでしまい、再設定を行う必要が出てきますので、バックアップ電源をつなぎながら交換を行います。

バッテリー交換後

 バッテリー交換後

通常ですと、バッテリーを交換したら作業完了となるのですが、こちらのお車はもう一つ作業を行う必要があります。
スキャンツールと呼ばれる機械をお車に接続します。

放電電流積算リセット

 放電電流積算リセット

車のコンピューターに記憶されている「バッテリ放電電流積算値」というのをリセットする必要があります。これを行わないとバッテリーを交換したことを車のコンピュータが認識できず、アイドリングストップ機能が正常に働かなくなる恐れがあります。

スキャンツールでリセット

 スキャンツールでリセット


スキャンツールでリセットを行い、バッテリ放電電流積算値が0になったことを確認して作業完了です。
日産のアイドリングストップ車はこのような作業も必要になりますが、当店でも問題なく行えますので日産車のアイドリングストップ車用バッテリーの交換もおまかせください。

今回の修理費用:18,360円

修理の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!