画像
【修理事例】ダイハツ ハイゼットカーゴ【S321V】バッテリー警告灯修理

  • HOME
  • 修理
  • 【修理事例】ダイハツ ハイゼットカーゴ【S321V】バッテリー警告灯修理

title

修理事例:ダイハツ ハイゼットカーゴ【S321V】バッテリー警告灯点灯修理

ダイハツ ハイゼットカーゴ 【S321V】

 ダイハツ ハイゼットカーゴ 【S321V】

明和町のお客様から、走行中にバッテリーのマークの警告灯が点灯したとのことで修理依頼をいただきました。

チャージランプ

 チャージランプ

バッテリーのマークのランプですが、バッテリーの交換時期などを示す警告灯ではありません。
バッテリーを充電するための発電・充電系統の不具合を示す警告灯です。

電圧の測定

 電圧の測定

症状の確認から行います。
まずは発電機(オルタネーター)が正常に働いているかを確認します。
画像のように電圧計を使用し、発電電圧を測定します。
バッテリーの電圧は12.6Vですので通常はそれより高い13V~14.7Vくらいの数値が出ますが、バッテリーの電圧より低い数字が出ていますので、発電不良ということになります。

オルタネーターの交換前に

 オルタネーターの交換前に

オルタネーターを交換する際はまずバッテリーのマイナス端子を外しておかなければなりません。
もし外さずに交換作業を行うと、ショートをさせてしまう恐れがあるためです。

シート下のエンジンルーム

 シート下のエンジンルーム

ハイゼットはシートの下にエンジンがありますので、シートを上げて作業を行います。
運転席シートを上げると、ちょうど下にオルタネーターが見えてきます。

取り外し

 取り外し

オルタネーターはエンジンによってベルト駆動しています。
交換する際はそのベルトを取り外す必要があります。
この作業は車体下から行います。
ベルトが外れたら上下2か所の固定ボルトを外します。

リビルト品で修理

 リビルト品で修理

新品はものすごく高額の為、中古品・リビルト品のいずれかの方法で修理することをご提案させていただき、今回はリビルト品を選択していただきました。
リビルト品は中古部品を再生したもので、画像のように見た目も綺麗な状態になっています。
1年間のメーカー保証もついておりますので安心です。

オルタネーター交換後

 オルタネーター交換後

リビルト品のオルタネーターに交換し、ベルトも元通りに組み付けます。
最初に取り外した、バッテリーのマイナス端子も忘れずに取り付けます。

電圧の測定

 電圧の測定

エンジンを始動し、もう一度電圧の測定を行います。
交換後は画像のように正常な数値が出るようになりました。

警告灯も消灯

 警告灯も消灯

発電電圧が正常になりましたので、メーター内の警告灯も消灯したことを確認して作業完了です。

今回の修理費用:32,400円

修理の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!