画像
多気郡明和町【修理事例】スズキ アルト【HA24S】エンジンチェックランプ修理

  • HOME
  • 修理
  • 多気郡明和町【修理事例】スズキ アルト【HA24S】エンジンチェックランプ修理

title

多気郡明和町 修理事例:スズキ アルト【HA24S】エンジンチェックランプ修理

エンジンチェックランプが点灯

 エンジンチェックランプが点灯

伊勢市のお客様よりご依頼いただきました。
ある日スピードメーター内にあるランプが点灯し、消えなくなってしまったとのことで入庫していただきました。

これがエンジンチェックランプです

 これがエンジンチェックランプです

メーター内にある潜水艦のような黄色いマークがエンジンの警告灯、エンジンチェックランプです。
これが点灯して消えない場合、何らかの故障が起きていることを知らせてくれています。

スキャンツールで故障内容を確認します

 スキャンツールで故障内容を確認します

チェックランプが点灯しただけでは、何が原因で点灯しているのかがわかりません。
それを調べるのがスキャンツールと呼ばれるコンピューター診断機です。
これをコンピューターに接続し、なぜチェックランプが点灯したのかを読み取ります。

P0031 空燃比センサーヒータ回路の異常

 P0031 空燃比センサーヒータ回路の異常

チェックランプの点灯原因はP0031 フロント空燃比センサーヒーター回路の異常と読み取れました。
しかし、これで故障が確定と勘違いしがちですが、あくまでもこれはエンジンチェックランプが点灯した原因ですので、本当に壊れているのかを調べる必要があります。

これが空燃比センサーです

 これが空燃比センサーです

これはエンジンルームから覗いた写真です。
緑色の配線がつながっているのが空燃比センサー、通称O2(オーツー)センサーです。
O2の名前の通り、マフラーの中の酸素濃度を測定し、
その測定結果から燃料の噴射量の増減を行うための信号を出しています。

部品単体の点検と交換

 部品単体の点検と交換

部品単体での点検の結果、故障していることが確定しましたので、ここで初めて交換となります。
今回は新品部品での修理となりましたが、メーカー純正の新品部品ではなく、純正品ではない新品部品、通称「社外品」の新品での交換となりました。
同じ新品部品でも値段は純正品の2/3ほどの値段で修理が可能となりました。

交換後、もう一度診断

 交換後、もう一度診断

O2センサーを交換後、もう一度スキャンツールにて診断をします。
問題がなければ写真のように「異常なし」という診断結果がでます。

ランプの消灯を確認します

 ランプの消灯を確認します

部品の交換後、エンジンチェックランプが消灯していることを確認して、修理完了となります。

今回の修理費用:19,440円

修理の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!